FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漱石のおうち訪問♪


『リフレクソロジーサロン Felicia』のホームページができました♪


http://felicia-refle.jimdo.com

ホームページに「いいね!」を押していただいて、本当にありがとうございます!
これからも、どうぞよろしくお願い致します(*^_^*)

*************************

こんにちは! いかがお過ごしですか?

今日は、先月行ってまいりました、明治村についてご紹介したいと思います。

14-06-09+明治村+019_convert_20140705124507

明治村、と言ってもおもに夏目漱石のおうちについてになるかと思いますが…

なにを隠そう、管理人は夏目漱石の大ファンでございまして、いつか、明治村にある漱石の住んでいた家に行ってみたい!と思っていたのです。。


ところが、明治村に行きたい!と思いつつも、実際のところ漱石の家以外はたいして期待しておりませんで、ちょこっとした公開展示スペースくらいに考えておりました。。

しかし、よくよく聞いてみると、明治村にある建物は、よく似せて再現したものではなくて、本当に明治時代にあった本物を移築させてある、たいへん価値のあるものなんですね~(実はあんまり知らなかった)。

たとえば土壁は移築する際に壊れてしまうのですが、それでも明治時代に使われていた原料で、忠実に再現して作り直すなどの徹底したこだわりよう。。

ここは、本当に明治時代なんだ…

そう思って周りを見渡すと、なんだかテンションが上がってきましたよっ♪


しかし、何と言っても敷地がはんぱなく広い。腹が減っては戦はできぬ、というわけで、まずはお昼の腹ごしらえ。

選んだのは「明治時代のカレーとハヤシライスの食べ比べ」というもの。

14-06-09+明治村+020_convert_20140705124701

ハヤシライスは現代の味付けなのですが、カレーは明治時代のレシピを参考に再現されたもので、これがけっこう美味しかったのです☆

ちゃんとスパイスも効いてて、明治の人は美味しいもの食べてたのね~と感心しきり。

「漱石も、このカレーを食べたのかしらん」と、すっかり妄想モードに入っている管理人。。

そんな、うっとり状態の私を尻目に、3時半の帰りのバスまでに無駄なくルートを回ろうとするしっかり者の友人は、

「汽車に乗りたいから、発車時刻までに、まず近くの帝国ホテルに行こう」と提案。


帝国ホテル正面玄関
14-06-09+明治村+022_convert_20140705124854


アメリカ人の建築士・フランク・ロイド・ライトの設計で知られるこの優美な建物は、明治村の顔ともいうべき建築物です。

もちろん中に入ることも出来ますし、中二階のラウンジではお茶も出来ます。

2階から1階ホールの眺め(ちょっと暗くてすみません^^;)
14-06-09+明治村+026_convert_20140705163102 

ここでしばし、明治のハイソサエティを体験した後、いよいよ汽車に乗ることに!


明治時代に使用されていた機関車がホームに入ってきました
14-06-09+明治村+028_convert_20140705125133 

客車の中
14-06-09+明治村+031_convert_20140705125516 


中は意外と広くてすっきり。ゆっくりのんびり走ったあとは、今度は京都市電に乗り換えます。

明治28年から京都市内を走り出しました
14-06-09+明治村+042_convert_20140705125711 


実用的ではないのかもしれませんが、とにかく明治時代にしても大正時代にしても、デザインが優美でいいですね~。

市電の前についているネットのようなものは、通行人が電車に当たっても怪我をしないように付けられていたそうで、実際友人のおばあちゃんは子供の頃、電車に接触した時に、このネットのおかげで怪我をしなかったそうです。
もちろん、ゆーっくり走っていたからなんでしょうけども。。


金沢監獄では、実際に独居房に入って、当時の罪人体験(?)ができます^^;

その他、京都にあった聖ヨハネ教会堂や、西園寺公望の別荘や、幸田露伴の自宅、西郷隆盛の弟・従道邸やら、あっちこっち見学して汗だくになりながらも、とうとう着いたのが、

「漱石の住んでた家!!」

14-06-09+明治村+070_convert_20140705125939 

この家はイギリス留学から帰ってきた漱石が東京・千駄木で借りた家で、漱石が住む十数年前には、森鴎外も住んだことがあり、奇しくも明治の二大文豪が住んでいた家、ということで歴史的価値も高く、明治村に移築されたそうなのです。


14-06-09+明治村+089_convert_20140705130742 

ここで本当に漱石が生活していたわけで、管理人は感動のあまり書斎でしばしうずくまっていたのでした。。

これは客間 いろんな人が出入りしてたんでしょうね~
14-06-09+明治村+079_convert_20140705130345 


イギリスから帰国した漱石は、一高と東京帝国大学の講師をしながらこの家で生活し、友人の高浜虚子のすすめで文章を書き始めたそうですが、その時執筆したのが「吾輩は猫である」で、これが雑誌に載るやいなや面白さが評判になって、あっという間に一躍有名人になってしまったそうです。

主人公になった猫は、その当時夏目家に入ってきて、そのまま居ついた野良猫で、この猫をモデルに漱石が小説を書いたようですが、「名前はまだない」という文章そのままに、とうとう最後まで本当に名前が付けられず、「ネコ、ネコ」と呼ばれていたそうですよ。

ネコがいるのはお約束♪
14-06-09+明治村+090_convert_20140705130931 


…というわけで、帰りのバスの時間を気にしながらのかけあし見学でしたが、いろんな歴史的建造物を目の当たりにすることができて、堪能しました!
行って本当に良かったと思いました。

NHKをはじめ、テレビや映画の撮影にはよく使用されているそうです。

よく見ていると、「あ、この建物は明治村の○○だ!」なんて、気が付くかもしれませんね(^^)


14-06-09+明治村+118_convert_20140705131308 


明治村は、名古屋駅の名鉄バスセンターから直行バスが出ています。


100年前の日本にタイムスリップするのもいいもんですね♪


ブログ村に参加しています(^^)今日もポチっと一押しお願いしますm(__)m
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Felicia ひろこ

Author:Felicia ひろこ
★リフレクソロジスト&
アロハタロット鑑定・ティーチャー


★自宅サロンでの活動の様子や日々のあれこれを綴ります。

★リフレやタロット鑑定のご予約は下のメールフォームからお気軽にどうぞ♪

★日本リフレクソロジー協会
正会員
★アロハアカデミア公認ハワイアンタロットプロフェッショナル&ティーチャーです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
■■お知らせ■■

大阪市内の自宅で、リフレクソロジーとハワイアンアロハタロットのサロンをしております。

サロンの詳細はホームページをご覧下さい♪

こころとからだのサロン Felicia



*****

◎イベント出店のお知らせ◎

ハワイアンアロハタロットで鑑定・出店します!

【癒しスタジアム in 大阪 vol.43 】
2016年5月5日(木)
10:30~18:00
天満橋OMMビル2F イベントホール
(地下鉄・京阪電鉄「天満橋」駅 直結)



ぜひお越しくださいませ♪


*****

サロンのご予約・ご連絡はメールフォームまたは
g-mailでどうぞ♪


hirohiro.y21★gmail.com 
★を@に変えて送信してください。

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。