スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漱石が…アンドロイド?!

漱石 

明治45年・明治天皇崩御の際に撮影された写真。
本の帯に隠れていますが、左腕に喪章が付けられています。




昨夜のNHKニュース(16-6-7) を見て、もうびっくり!!

夏目漱石の没後100年を記念して、当人そっくりのアンドロイドを作るんだそうです。

その記事⇒ NHK NEWS WEB


マツコロイドなど、アンドロイド製造第一人者・大阪大学の石黒教授や、漱石の孫で漫画家の夏目房之介さんも全面協力で、本人そっくりの姿、声まで再現させて作るんだそうで…。


漱石ファンとしては…複雑。。


うれしいようでもあり、でも、でも、そっとしておいてほしい気持ちもあり、うーんうーん(ーー;)



あの世の漱石が知ったら 『ぜったいやめてくれー!!』

って言うだろうなぁ^^;


でもワタシ、出来上がったら、見に行っちゃうんだろうなぁ^^;



**********

サロンFelicia HP です♪
こころとからだバナー200x40 


**********

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

ずーっと 『断捨離』

ずっと長い間ブログも書かず放置していましたが、それもこれもこの間ずーっと家の中の断捨離に励んでいたからなのでした^^;

以前にも 『断捨離』 をやっていますとこのブログにも書いたことがありましたが、もうそんなちょっとやってるというカンジではなく、けっこう大掛かりに始めてしまったのです!

最初は机の引き出しから始まった一日わずか数分の行為が、ひとつ片付け始めるとどんどん部屋の全部に波及していき、自分の部屋が終わると(完全には終わってないんだけれど)、次は隣の部屋、押入れ…とまたまたどんどん広がっていき、とうとう縁側の突き当たりにある納戸に行き当たったのです。



納戸1 


この納戸。

見かけはなんの変哲もないただの納戸ですが、我が家は長年なんでもかでもこの納戸の中に言葉良く言えば収納、悪く言えば突っ込んできたわけでありまして、もう戸を開ければいったい何が入っているのか住人も把握しきれていない、いわば 『魔の巣窟』 と化していたのです。。

だから開けたくなかったのです。

臭いものにはフタ…ではないけれど、長年見て見ぬフリをしてきたわけです。

閉めておけば一見部屋は穏やかです。

だからこのまま閉めておいてもよかったし、今まではずーっとこの調子できたのです。

でも、でも、今回の 『断捨離』 は違うんだー!

過去そのままにしておいた 『臭いモノ』 『直視したくなかったモノ』 に切り込み、とうとう決別するときが来たのだー!!

それには季節の良い今しかない!思いっきり縁側の戸を開け放して、さあ、やるぞー!!


…というわけで、ここしばらくずーっと断捨離をやっていたわけです。

そしてやっとここ数日で一区切り付いたような気がするのです。



納戸の中の一番のネックは、奥にドンっと横たわる大きなチェストでした。

ここにたどり着くまでがもう苦労の連続だったのですが、週2回の普通ゴミと週1回の紙・古着ゴミの日に合わせて、黙々と45ℓのペール袋にいくつも仕分けし、ほこりだらけになりながら延々と作業を進めました。

どんなに運び出しても次々に出てくる紙箱類は、倒しても倒しても現れるショッカーたちのようです。

それを一つ一つ中身を出しては仕分けし、箱をつぶして紐でくくりながら去来する思いは、

『なんでこんなに溜めこんだんや~。冬眠前のクマか!!』

…と、最初のうちはこんな風に一人ツッコミをする余裕もあったのですが、もう何週間もするうちに、とうとう何も考えない 『無の境地』 にたどりついていったのです。


『無の境地』 というのはスゴイものです。


元来処分するモノたちは私のモノではなく、もうとうに亡くなった祖父母のものがほとんどなので、

『今の自分に必要か?』 などと考えなくていいのです。

写真などもちゃんと写っているものや、何を撮っているのか分かるものは残しますが、見ても分からないものやボケているものは、感慨の余地も入れずにどんどん処分していきます。

感慨の余地も入れず…一見冷ややかな態度ですが、そうしなければまったく進みません。

「おじいちゃんが使っていたものだから…」と言ってまた取って置いても、もうおじいちゃんはいないのです。

だからそこは冷徹にどんどん袋に入れていきました。


家のポストに毎日のように入る 『遺品整理のお手伝い』 や 『不用品処分』 のチラシ。

毎日のように入るということは、需要があるのでしょうね。

自分がやってみてよく分かるのですが、この作業は本当に大変です。

膨大な時間とエネルギーを消費するので、まだ体力がある間に少しでもご自分で済ませておくことを、皆さまにもおすすめいたします。

そして、普段から身の回りをスッキリさせておくことが、いざという時効力を発揮するように思うのです。


本当に必要なものは何なのか。。

これは 「もの」 を 「ひと」 に置き換えることもできるでしょう。

断捨離はつい 「捨てる」 という行為ばかりに目がいきがちですが、本当は

『自分にとって大切なもの(ひと)は何か?』

を発見・確認していく作業だと思うのです。


納戸の奥のチェストに到達!
納戸2 


もう使わないのでリサイクルさんに引き取っていただきました。
必要とする人のところで、また活躍するのだよ~

スッキリとした空間が現れました♪
納戸3 



サロンFelicia のホームページです♪
こころとからだバナー200x40


ブログ村に参加しています。ポチっと一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

気がつかないけどありがたいこと

久しぶりの更新となりました。もう3月ですね。


今年に入ってから私もちょっと風邪気味で体調を崩していたのですが、先月の半ば頃から今度は母が風邪をひき、そこから気管支炎を併発して高熱を出し、ずっと病床に伏す日々が続いていました。

ここ2~3日で少しずつではありますが、起き上がっての生活ができるようになって、ホッと一息。。

私自身の生活もやっと普段に戻りつつあります。


申し訳ないと思いつつ、今までは家事のほとんどを母に任せて生活してきたのですが、母が倒れてからというもの、掃除・洗濯・炊事・買い物・庭の手入れから雑用…と、仕事をしながらの慌しい生活…^^;

そんな日々を過ごしながら、あらためて母と健康のありがたさをひしひしと感じたのでした。


平凡な毎日でも、とにかく今日一日を無事に過ごせて終わる毎日の、なんとありがたいこと。

ともすれば忘れがちになる何気ない日常のありがたさは、なにか起こってからあらためて大切に思うものなのでしょうかね(^^ゞ


今日は桃の節句。

女の子の健やかな成長を祝うおまつり。

みんなが健康に過ごすことを願って、我が家もささやかなお飾りをして、お祝いをしました。

立雛2 


サロンのサイトです♪
こころとからだバナー200x40 


***ハワイアンアロハタロット・イベントのお知らせ***

【癒しフェア 2016 in OSAKA 】

日時: 3月12日(土)~13日(日) 10:00-17:00

場所: 大阪南港ATCホール

交通: ニュートラム 『トレードセンター前』 下車

入場料: 1,000円(HPから無料入場券を申し込めます)


お越し下さい♪


ブログ村に参加しています。ポチっと一押しお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村





『不将不迎応而不蔵』

『断捨離』 あいかわらずぽちぽち続けてます^^;

で、ずっとほったらかしにしてあったこの古ぼけた色紙も、せっかくなので掛け軸を買って和室に掛けてみました。

色紙2 


色紙1 


やっぱりちゃんと掛けてみると、これはこれで見栄えのするものになりました。

ところが肝心の内容が分からない。。(´・_・`)

なんて書いてあるのかこの際調べてみようと思い立ち、知人で書道をやっている人に頼んで解読してもらいました。

不将…おくらず

不迎…むかえず

応而…おうじて

不蔵…ぞうせず



横の小さい字は、

1974年の秋、洛東岡崎に於て、○○(私の祖父)に頼まれて、試みに荘子の言葉を書いてみました。

…と書いてあるそうです。


ということで、『不将不迎応而不蔵』は荘子の言葉で、

「過ぎ去ったことは悔やまず、先のことをあれこれ取り越し苦労せず、事態の変化に対応して、心になにもとどめない」

つまり、

「いつまでもクヨクヨせず、取り越し苦労をしないで、起こったことは臨機応変にそのつど処理して、終わったらサッサと忘れよう」

という意味だそうです。


2000年以上前の言葉ですが、今でも本質をつく言葉。

心豊かに生きるということは、シンプルに生きるということなのだろうなぁ。。



サロンのHPです。ご覧ください♪
こころとからだバナー200x40 


**イベントのお知らせ**

ハワイアンアロハタロットで出店します。どうぞお越しください!

【癒しスタジアムin 大阪42 感謝祭】

日時: 2016年2月7日(日) 10:30-18:00

場所: 天満橋OMMビル2F イベントホール

交通: 地下鉄谷町線・京阪電鉄『天満橋』駅下車・直結

入場料: 感謝祭イベントにつき、無料



◎ ハワイアンアロハタロット・セッション
10分(質問1~2問)…500円

15分(質問しほうだい)…1,000円


◎ レイキヒーリング10分間
シングル(ヒーラー1人)…1,000円

ダブル(ヒーラー2人)…2,000円


ブース名 『ハワイアンアロハタロット Felicia』

ブースno. 52

感謝祭イベントにつき、クライアント様にはささやかですがプレゼントをご用意しております♪


**********


ブログ村に参加しています。ポチッと一押しお願いします(^^)
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村




2016年、今年もよろしくお願いします

申年 16-1-1 


2016年、平成28年となりました。

もう5日経ちましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年はあたたかいお正月でしたね。皆さまはどちらかへ初詣に行かれましたか?

わたしは近所の氏神様にお参りに行きました。

ふだんはとても静かな境内も、参拝に来られた多くの方々で大賑わい!

写真には写っていませんが、本殿から鳥居まで、ずーっと並んでいらっしゃいます
初詣 16-1-1 


氏子の青年部の人たちが豚汁・甘酒・やきいも・たこせんなど、あたたかい食材でおもてなしをしてくださり、

わたしも熱々の甘酒にしょうがを入れていただきました(^^)


去年は東京から甥っ子の来襲^_^;がありドタバタしましたが、今年はとてもおだやかなゆったりした新年を迎えることができました。

2016年も、サロンFelicia を、どうぞよろしくお願い致します!


Felicia HP ご覧ください♪
こころとからだバナー200x40 



**次回のイベントお知らせ**

ハワイアンアロハタロットとレイキで出店いたします。ぜひお越しください!

【癒しスタジアムin 大阪42 感謝祭】

日時: 2016年2月7日(日) 10:30-18:00

場所: 天満橋OMMビル2F イベントホール

交通: 地下鉄谷町線・京阪電鉄『天満橋』下車・直結

入場料: 感謝イベントにつき無料


◎ハワイアンアロハタロット鑑定

10分(質問1~2問)…500円
15分(質問しほうだい)…1,000円


◎レイキヒーリング10分間

シングルヒーリング(ヒーラー1人)…1,000円
ダブルヒーリング(ヒーラー2人)…2,000円


ブース名 【ハワイアンアロハタロットFelicia】

今回は感謝イベントですので、クライアント様にはささやかですがプレゼントをご用意しております!

**********


ブログ村に参加しております♪ポチっと一押しお願いします(^^)
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村


プロフィール

Felicia ひろこ

Author:Felicia ひろこ
★リフレクソロジスト&
アロハタロット鑑定・ティーチャー


★自宅サロンでの活動の様子や日々のあれこれを綴ります。

★リフレやタロット鑑定のご予約は下のメールフォームからお気軽にどうぞ♪

★日本リフレクソロジー協会
正会員
★アロハアカデミア公認ハワイアンタロットプロフェッショナル&ティーチャーです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
■■お知らせ■■

大阪市内の自宅で、リフレクソロジーとハワイアンアロハタロットのサロンをしております。

サロンの詳細はホームページをご覧下さい♪

こころとからだのサロン Felicia



*****

◎イベント出店のお知らせ◎

ハワイアンアロハタロットで鑑定・出店します!

【癒しスタジアム in 大阪 vol.43 】
2016年5月5日(木)
10:30~18:00
天満橋OMMビル2F イベントホール
(地下鉄・京阪電鉄「天満橋」駅 直結)



ぜひお越しくださいませ♪


*****

サロンのご予約・ご連絡はメールフォームまたは
g-mailでどうぞ♪


hirohiro.y21★gmail.com 
★を@に変えて送信してください。

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。